恋に焦がれて鳴く蝉よりも

 ニコニコ動画の「歌ってみた」というタグから出てきたアーティストさんがたは、オタク的な興味共有主義に基づく判官贔屓による人気というのも避けて通れない所ではあると思うのですが、その実力に唸らざるを得ない方々も少なからずいらっしゃるわけで、らっぷびとさんもその一人ではないでしょうか。
 いや実際は2ch時代からの人だったよーな気もしますが。(うろ覚え。タイツォンさんはそのはず)
 とまれ、どんな曲でもとりあえず聞いてみて良いと思ったら良いんじゃね主義な自分としては、こういう曲を聴いて夏を過ごすのも悪くはねえなあと思うわけです。

 さて、「青春ってなんだっけ」このシーズンになると毎度毎度思い悩んでありおりはべりいまそかり。どうも暑いです。
 大学の授業も、TA(ティーチングアシスタント、授業助手)のほうも無事終わり、今日あたりはもう大学構内は学生さんの姿もチラホラな感じでした。いざ夏休み、というところでしょうか。ただ自分のほうはもうやることてんこもり、二郎ラーメンもかくやな重さなので、夏休みと書いてインフェルノと読んでいきたいと思います。いやほんと。

 明日明後日は地元由利本荘の花火大会なのですが、それに合わせて本荘公園でB級グルメ大会のようなものが開かれるそうです。Twitterの本荘ハム民クラスタが相当に燃えてらっしゃったので、いや本当“かたりたい”もんですわw(秋田弁でかたりたいは参加したいの意であります。)
 あちらにいた時はちょくちょく花火大会も行ってましたねー。意中の子が浴衣着ててドギマギなんてことは無かったわけですが、まあ色々悪いコトもしたりはしてました。あと屋台の飯はなんであんな美味いのか。雰囲気は最高の調味料なのかそーなのか。とまれ、まだ少し課題やら帰省そして修論のための調査旅行の準備ができておらんので、今回は見送らねばなりません。無念。

 自分がやってることってのは結局、子供のころ、夏休みで過ごした今はいない親類との田舎暮らしが忘れられないから、なんですが。ただ今はもういない人も多いし、今はもうない風景も多いし。結局のところ、求める思い出の風景というのは、実存しない、贔屓目に美化されたような、そんな風景なんだろうなあと思いつつ。
 ただ、一方で無いものだからこそ欲しいものなのだよなあとも。それを「同じ場所」に求めるのは、実現の可能性があるかもしれないという、ある意味では思い込みによるものなんでしょう。しかしまあ、求めることとは別として、過去を大事にしたい、思い出すための欠片を大事にしたいという意味では、手前勝手な話で回顧主義なところもありますが、モチベにはなるのです。

 とまれ、今年の夏は生き延びられるのか。遂にネイチャーメイドとかビタミン剤投入し始めましたからね、ハハッ…。ま、頑張りますよう。