トラ男米新米お披露目会111008

 10月8日、東京都はアーツ千代田3331で行われましたイベント「トラ男米新米お披露目会」に参加して参りました。
 「トラ男」というのは、秋田出身の武田昌大さんが進めていらっしゃる、県内の“イケメン農家”をトラクターに乗っている男前略してトラ男として、ソーシャルサービスを用いながら、農家と消費者を繋ぎながら農業の活性化を進めていこうというプロジェクトです。
 武田さんとはWe Love Akitaさんのイベントなどで以前御一緒させていただいたことからたまにお話しさせて頂いておりまして、大変熱い方だなあというのが印象的なイケメンでらっしゃいます。どんだけイケメンかといえば、トラ男でらっしゃる農家のご三方も口説き落とされ、イベントでは必ず女性を口説いているという、口説きの達人でらっしゃるわけであります(笑) かといって、舌先三寸だけかといえばそうではなく、トラ男プロジェクトを進める前には秋田の農家さん各戸を地道に回ってフィールドワークをされていたり、イベントでもトラ男の一人であるTAKUMIさんも「その熱意と努力する姿勢に動かされた」といったことを仰られていまして、並々ならぬ実践もされております。ぱないです。
 さて、新米お披露目会のほうはと言いますと、たぶんIT業界の方であればご存知であろう株式会社ハイパーインターネッツの家入一真さんをスペシャルゲストに迎え、前述しましたTAKUMIさんとソーシャルx農業というテーマでの対談や、刈りたての新米をおにぎりにしてお茶やいぶりがっこなどを付け合わせにした試食会などが行われました。
 対談では農家の嫁探しの難しさや時間の取れなさといった苦労話や、トラ男の今後の展開、ソーシャルサービスを使ってみての農家的視線からの感想などをお話しされていました。実際、自分も秋田出身であり、母方の家が兼業農家なものですから、「デスヨネー」と頷かざるを得ない話も多く、特に嫁探しが難しいというお話はTAKUMIさんなんかあったんだろうかと涙しそうな具合でした。「農家に嫁に行く」というのは未だに田舎じゃまだまだ悪い意味のレッテルなんですよね…。ただ、会場はUSTREAM中継もされていたのですが、カメラに向かって嫁は大事にしますよと語られるTAKUMIさんマジ熱かったです。
 また、ソーシャルという点では、現実的に農家としてとれる時間が夜しかない(お天道様が上っている間は農作業)なので、まだ消費者の方々と積極的なつながりが作れていないというお話もありました。確かにソーシャルサービスは時間泥棒な点もありますし、なかなか難しいところなのかもしれません。同じく田舎のスマホやSNSなどの普及率の低さも。こうした話は、自分がやってることがやってることなものですから、同様に頭を悩ませていたりもします。繋がるための環境づくりが一番大変なんですよね…。家入さんとの対談という形で、なんとなく都会と田舎の対比というようなものが良い意味でも悪い意味でも見えていたようで、大変有意義なお話でした。
 後半の試食会では、トラ男三者三様が育てた新米おにぎりを大変美味しく頂きました。会場で撮影もさせていただいたんですが、米粒の艶が凄いんですよね。見た目だけではなくて、味もあきたこまち独特のしっとりふんわりな感じがとても素敵でした。米だけでビール2缶いけちゃいましたよ、本当(笑) TAKUMIさんともちらほらお話させて頂いたのですが、田舎独特と言ってしまうと語弊があるかもしれませんが、そういった誠実さが滲みでていて、ああこの人のお米なら毎食美味しく有難く頂けるなあとプロジェクトの意味を実感した次第です。

 以前から話題になっているTPPで、議論の焦点が生産者である農家さんらに当たり過ぎていて、消費者がおいてけぼりにされている、といった論を唱えられている方がいらっしゃるのをたまに見かけます。確かに、消費者側が安かったり美味しかったりする商品を得られる機会にもなり、それはまた商業的に見れば農家が努力する、あるいは努力をしていた農家にスポットが当たるようなきっかけにもなるかもしれません。
 ただ一方で、現在の農業経営がそうした競争にすぐに耐えられるかどうかという問題もあり、私個人としてはTPP即導入というステージに今は無いのではないかなとも考えています。勿論、このまま、例えば悪口として農業が叩かれる理由である行政やシステムにおんぶにだっこな“惰性での経営”が良いとも言える筈は無いのですが、現実問題として、農家の高齢化などで経営手法に関係する柔軟性が乏しかったり、イベントでも仰っていたように米農家の自給は179円であったりと、難しい話もあります。
 農家側の経営努力、行政や企業家の適正な支援、消費者の「頂きます」「ご馳走さま」の理解を、地道なところでやらなくてはいけないなあと、平凡かつ抽象的な話で申し訳ないのですが、思ったイベントでした。

 トラ男プロジェクトさんには今後とも、農家さんが感じられる最高の作り甲斐と、何よりも美味しいお米作りを目指して、頑張って頂きたいなと思います。帰ったらば何かお手伝いできれば良いなあとも思いつつ。
 ご馳走様でした!

■トラ男プロジェクト http://www.torao.jp/index.html
■アーツ千代田3331 http://www.3331.jp/
■We Love Akita http://we-love-akita.com/

※当日のUSTREAM配信はこちらで録画配信されています http://www.ustream.tv/recorded/17748163