これからの話を少し

 もろもろの就活が終了し、結局「駄目」という結果になりました。結論として、来年は無職確定、ということになりそうです。色々期待して頂いた皆さんには大変申し訳ない結果になりまして、すみません。特に親には土下座せねばならず、なんかもう申し訳なさが太宰級のここ暫くです。一応、東京にいたままだと流石に金の都合がつきませんで、来年からは地元秋田へ戻るつもりです。
 この人生最大の大ゴケと、予備校生に留年大学生というアレな肩書を経験して遂に無職という肩書を得まして、いよいよクズ感が増してきたわけですが、ただ自分について良く考えなおす機会にもなりました。色々忙しさにかまけて考えて来なかったこともあったなあと、本当に。まあ、結論から言えば、俺は俺だよねっていう良くあるパターンで落ち着いたわけですけども(笑)
 クズはクズなりに、ただどっか泰然として、地に足付けず、人に優しく、自分にほどほど甘く、クソ真面目に、エラソーにして、人生やってくしかないかなと。グッチャグチャでも、他の生き方で生きられる気がしねえってのが、本心のところです。勿論、見直すべきところも結構あるわけで、具体的にはもっと細かいところで気配りしたりは気を付けようと。
 地元に戻るにあたって、やりたいことも結構あったりします。東京にいる間、ずっと地元のこと考えてきたわけですが、やはり距離の関係で実際にはできなかったこともたくさんあるんです。会いたい人も、会ってから話してみたいこともたくさんあります。たかだか18年暮らしても、色んな資料読んでもわからないこと、やっぱりありますし。色んなところ歩いて、色々学びたい。何かタメになるの?と聞かれたらちょっとまだ困る所はありますが、タメにするための土台にはなるでしょうきっとたぶん。
 そんなこんなで、ちと1週間は落ち込んでましたが、復帰しました。あとは今抱えてる修論をなんとかやり遂げて、一つくらいは実績持って戻れればと思います。まずはそっちに注力をば。

 読んで頂いてる皆さん、特にご心配頂いてる皆さんには改めて謝らせて頂きつつ。こんな体たらくではありますが、今後とも宜しくお願いできれば嬉しく思います。
 ほんと、有難うございます。