美人時計秋田版リリース

 「秋田美人とは何か?」という疑問を抱かない秋田県民はたぶんいないんじゃないでしょうか。たぶん(笑) 自分もその問いを抱いて早数年でありまして、『秋田美人の謎』(中公文書)という本を読んだりしております。途中で投げちゃってますが…すみません新野さん。
 ただ、所謂「秋田美人」という定義はやはり現実的には人それぞれ、千差万別のものではないかと考えています。大枠では「秋田県に住む」あるいは「秋田県出身」の「美人」だと思うのですが、そもそも美人の定義もまちまちですからね。好みによったりもするでしょう。
 とまれ、改めて「秋田美人」の定義を再考し、それを具体的な形として繋げていくということが以前、WeLoveAkitaさんの懇親会でのセッションで出てらっしゃいましたが、そういった形でチャレンジすることは、実際にやるとなると難しくとも、楽しい企画になることは間違いでしょうね。

 さて、本題です。
 ついに来たぜ!という感じではありますが、たぶんご存知の方もいらっしゃるだろう「美人時計」。その秋田版が出ました。

bijin-tokei(秋田版)official website

 昨年から撮影は進んでいたということで、楽しみにしておりました。はい、マジで。
 リリースのニュースをTwitterTLで見かけてから、だいぶ長い事眺めてるんですが、いやー秋田の女性ってなんかそれっぽいオーラありますよね。まだ具体的な言葉にあんまりできてないんですけど、なんかそんな雰囲気があるような。とりあえず、(1)ナチュラルメイクが似合う、(2)顔の輪郭印象が良い意味でぼんやりしてる、(3)背が高い人からのスタイルが良い人が多い、というようなことはちょっと考えました。一方で化粧がちょっと濃くなるとすぐにわかっちゃうかなあ、というデメリットも多いような気がします(※個人の印象です)。内面的な方もいろいろありますが、それはまあ今回は置いておきます。
 ともあれ、とてもとても時間泥棒なサービスではありますが、時間に余裕のある時にでも是非ご覧ください。間違いないです。