酒は飲んで幸せなら吉

時事ドットコム:節電の夏に「日本酒ロック」=新提案で需要喚起-関西酒造11社

「邪道」と言われそうな記事ですが、そもそも熱燗以外は邪道だった時代や、逆に熱燗が邪道だった時代もあったそうです。いぢわるな言い方をすれば、邪道だ邪道だと通ぶるのが良い肴になっているのかもしれません。
通ぶるのが粋というところがあるかもしれませんが、とまれ今の時代、誰かと膝をつき合わせて飲むのであれば、押し付けず面倒も掛け過ぎず、邪道も正道もなく楽しめれば良いのではないかなと思います。

さて実際のところ、味覚的な問題として、日本酒のロックやカクテルはどうなのでしょうか。
筆者の経験上の話になってはしまうのですが、いろいろとフルーティな銘柄も増えてきていますので、充分にアリなんではないかと思います。香りは良いんだけどちょっと強いなあ、なんて時は氷を落とすとちょうど良い、とかですね。薄める、というよりは、風合いを丸める、という感覚になると思います。
カクテルはお目にかかったことはあっても試したことはなく、あまりデカい口は叩けないのですが、評判としては悪くないようです。

ま、あまりお安いお酒ですと独特のきつさがあって、冷たくした時にどうしても気になってしまうことが多いのではないかと思います。
なので、この機会に試してみようという方には、そこらのスーパーで売っているものから適当に選ぶのではなく、しっかりした酒屋さんでご購入されるのをオススメしたいと思います。なんといっても日本酒のラベル表記は複雑怪奇、正直、勉強しないとわかりません。
ということで、お店の方と、日本酒の瓶を眺めつつ相談して決めるのが、良い酒に会う近道です。是非是非。

----
----


秋田のゆるキャラといえば

「そういえば最近スギッチって何してるんだろう?」
ふとそんな疑問を抱いたのでザックリとネット上で探してみた結果、スギッチ自体「うごいてるなー」と思えるような情報がありませんでした。

 

秋田県マスコット「スギッチ」

スギッチは、秋田県でたぶんもっとも有名であろうゆるキャラで、ゆるキャラブーム初期に行われた「ゆるキャラ日本一決定戦」で堂々優勝した実績を持っています。
ゆるキャラの提唱者であるみうらじゅん氏の定義「ゆるキャラ三か条」は以下の通り。

> 1.郷土愛に満ち溢れた強いメッセージ性があること。
> 2.立ち居振る舞いが不安定かつユニークであること。
> 3.愛すべき、ゆるさ、を持ち合わせている事。

スギッチの当てはまりっぷりは結構あるんじゃないかなと筆者は思っています。日本最大美林に数えられる秋田杉のボディ、日本一決定戦の際のあざとすぎるアクション、はっきり可愛いとも言いにくいフォルム。
どうですかこのゆるキャラ!と胸を張って言えますね。

 

しかし、2007年の秋田わか杉国体マスコットキャラクターからキャリアを積み、県職員として公認もされているスギッチですが、今現在の活躍はいかがなものなのでしょうか。
ゆるキャラの用いられる領域と言えば地域の観光や商業、そして今やその広報媒体となっているのはインターネットと言えると思います。そこで、ネット上で検索してみると、前述の通り、スギッチの検索ヒット数はそんなに高くなかったのです。

◆Google検索結果(2012/5/17現在)
スギッチ 約 96,800 件 (0.23 秒
ネイガー 約 363,000 件 (0.39 秒)
まんべくん 約 2,650,000 件 (0.24 秒)
ドアラ 約 3,950,000 件 (0.25 秒)
くまモン 約 7,380,000 件 (0.32 秒)

くまモンは、昨年2011年に生まれてすぐ、ゆるキャラグランプリで1位を取った九州のツワモノです。しかしながら、今年でゆるキャラとしてのキャリア5年のスギッチ、新参者にこれほど溝をあけられて良いものでしょうか!
本来の「ゆるいキャラクター」という定義からすれば、人気を追え!という注文は道を逸れたものかもしれません。
しかしスギッチ、初代王者として悔しくはないのかい。筆者はそう声をかけたいと思います。

 

 

筆者「今、スギッチって何してるかわかる?」
母 「さあ?入院でもしたが?」
筆者「いや…」
母 「そういえばスギッチと一緒になんかいたけど、なんていったっけ」
筆者「いたねえ、なんだっけ」
母 「たいして可愛くないよねえ」
筆者「うん、まあ、うん」

悔しくはないのかい…!

—-
—-


これからの話を少し

 もろもろの就活が終了し、結局「駄目」という結果になりました。結論として、来年は無職確定、ということになりそうです。色々期待して頂いた皆さんには大変申し訳ない結果になりまして、すみません。特に親には土下座せねばならず、なんかもう申し訳なさが太宰級のここ暫くです。一応、東京にいたままだと流石に金の都合がつきませんで、来年からは地元秋田へ戻るつもりです。
 この人生最大の大ゴケと、予備校生に留年大学生というアレな肩書を経験して遂に無職という肩書を得まして、いよいよクズ感が増してきたわけですが、ただ自分について良く考えなおす機会にもなりました。色々忙しさにかまけて考えて来なかったこともあったなあと、本当に。まあ、結論から言えば、俺は俺だよねっていう良くあるパターンで落ち着いたわけですけども(笑)
 クズはクズなりに、ただどっか泰然として、地に足付けず、人に優しく、自分にほどほど甘く、クソ真面目に、エラソーにして、人生やってくしかないかなと。グッチャグチャでも、他の生き方で生きられる気がしねえってのが、本心のところです。勿論、見直すべきところも結構あるわけで、具体的にはもっと細かいところで気配りしたりは気を付けようと。
 地元に戻るにあたって、やりたいことも結構あったりします。東京にいる間、ずっと地元のこと考えてきたわけですが、やはり距離の関係で実際にはできなかったこともたくさんあるんです。会いたい人も、会ってから話してみたいこともたくさんあります。たかだか18年暮らしても、色んな資料読んでもわからないこと、やっぱりありますし。色んなところ歩いて、色々学びたい。何かタメになるの?と聞かれたらちょっとまだ困る所はありますが、タメにするための土台にはなるでしょうきっとたぶん。
 そんなこんなで、ちと1週間は落ち込んでましたが、復帰しました。あとは今抱えてる修論をなんとかやり遂げて、一つくらいは実績持って戻れればと思います。まずはそっちに注力をば。

 読んで頂いてる皆さん、特にご心配頂いてる皆さんには改めて謝らせて頂きつつ。こんな体たらくではありますが、今後とも宜しくお願いできれば嬉しく思います。
 ほんと、有難うございます。


Photo111107

Camera:NeinGrenz5000T
下北沢VV曰く「HOLGAの再来」。ただ荒ぶり具合はHOLGA以上ではないかと個人的に。

—-


トラ男米新米お披露目会111008

 10月8日、東京都はアーツ千代田3331で行われましたイベント「トラ男米新米お披露目会」に参加して参りました。
 「トラ男」というのは、秋田出身の武田昌大さんが進めていらっしゃる、県内の“イケメン農家”をトラクターに乗っている男前略してトラ男として、ソーシャルサービスを用いながら、農家と消費者を繋ぎながら農業の活性化を進めていこうというプロジェクトです。
 武田さんとはWe Love Akitaさんのイベントなどで以前御一緒させていただいたことからたまにお話しさせて頂いておりまして、大変熱い方だなあというのが印象的なイケメンでらっしゃいます。どんだけイケメンかといえば、トラ男でらっしゃる農家のご三方も口説き落とされ、イベントでは必ず女性を口説いているという、口説きの達人でらっしゃるわけであります(笑) かといって、舌先三寸だけかといえばそうではなく、トラ男プロジェクトを進める前には秋田の農家さん各戸を地道に回ってフィールドワークをされていたり、イベントでもトラ男の一人であるTAKUMIさんも「その熱意と努力する姿勢に動かされた」といったことを仰られていまして、並々ならぬ実践もされております。ぱないです。
 さて、新米お披露目会のほうはと言いますと、たぶんIT業界の方であればご存知であろう株式会社ハイパーインターネッツの家入一真さんをスペシャルゲストに迎え、前述しましたTAKUMIさんとソーシャルx農業というテーマでの対談や、刈りたての新米をおにぎりにしてお茶やいぶりがっこなどを付け合わせにした試食会などが行われました。
 対談では農家の嫁探しの難しさや時間の取れなさといった苦労話や、トラ男の今後の展開、ソーシャルサービスを使ってみての農家的視線からの感想などをお話しされていました。実際、自分も秋田出身であり、母方の家が兼業農家なものですから、「デスヨネー」と頷かざるを得ない話も多く、特に嫁探しが難しいというお話はTAKUMIさんなんかあったんだろうかと涙しそうな具合でした。「農家に嫁に行く」というのは未だに田舎じゃまだまだ悪い意味のレッテルなんですよね…。ただ、会場はUSTREAM中継もされていたのですが、カメラに向かって嫁は大事にしますよと語られるTAKUMIさんマジ熱かったです。
 また、ソーシャルという点では、現実的に農家としてとれる時間が夜しかない(お天道様が上っている間は農作業)なので、まだ消費者の方々と積極的なつながりが作れていないというお話もありました。確かにソーシャルサービスは時間泥棒な点もありますし、なかなか難しいところなのかもしれません。同じく田舎のスマホやSNSなどの普及率の低さも。こうした話は、自分がやってることがやってることなものですから、同様に頭を悩ませていたりもします。繋がるための環境づくりが一番大変なんですよね…。家入さんとの対談という形で、なんとなく都会と田舎の対比というようなものが良い意味でも悪い意味でも見えていたようで、大変有意義なお話でした。
 後半の試食会では、トラ男三者三様が育てた新米おにぎりを大変美味しく頂きました。会場で撮影もさせていただいたんですが、米粒の艶が凄いんですよね。見た目だけではなくて、味もあきたこまち独特のしっとりふんわりな感じがとても素敵でした。米だけでビール2缶いけちゃいましたよ、本当(笑) TAKUMIさんともちらほらお話させて頂いたのですが、田舎独特と言ってしまうと語弊があるかもしれませんが、そういった誠実さが滲みでていて、ああこの人のお米なら毎食美味しく有難く頂けるなあとプロジェクトの意味を実感した次第です。

 以前から話題になっているTPPで、議論の焦点が生産者である農家さんらに当たり過ぎていて、消費者がおいてけぼりにされている、といった論を唱えられている方がいらっしゃるのをたまに見かけます。確かに、消費者側が安かったり美味しかったりする商品を得られる機会にもなり、それはまた商業的に見れば農家が努力する、あるいは努力をしていた農家にスポットが当たるようなきっかけにもなるかもしれません。
 ただ一方で、現在の農業経営がそうした競争にすぐに耐えられるかどうかという問題もあり、私個人としてはTPP即導入というステージに今は無いのではないかなとも考えています。勿論、このまま、例えば悪口として農業が叩かれる理由である行政やシステムにおんぶにだっこな“惰性での経営”が良いとも言える筈は無いのですが、現実問題として、農家の高齢化などで経営手法に関係する柔軟性が乏しかったり、イベントでも仰っていたように米農家の自給は179円であったりと、難しい話もあります。
 農家側の経営努力、行政や企業家の適正な支援、消費者の「頂きます」「ご馳走さま」の理解を、地道なところでやらなくてはいけないなあと、平凡かつ抽象的な話で申し訳ないのですが、思ったイベントでした。

 トラ男プロジェクトさんには今後とも、農家さんが感じられる最高の作り甲斐と、何よりも美味しいお米作りを目指して、頑張って頂きたいなと思います。帰ったらば何かお手伝いできれば良いなあとも思いつつ。
 ご馳走様でした!

■トラ男プロジェクト http://www.torao.jp/index.html
■アーツ千代田3331 http://www.3331.jp/
■We Love Akita http://we-love-akita.com/

※当日のUSTREAM配信はこちらで録画配信されています http://www.ustream.tv/recorded/17748163


音楽はリリ(ry

■披露宴二次会:ベースBGM案
【しっとり】
・CurlyGiraffe/CurlyGiraffe
・コンピレーション/Ghibli of life
・Minuano/ある春の恋人
・コンピレーション/ゆったりカフェジャズ

【のんびり】
・クラムボン/best
・SOTTE BOSSE/Essence of life
・Soma/Essence of life “smile”
・矢野沙織/Little Tiny
・flex life/mellow groove
・MONDAY満ちる/Monday Michiru Free Soul Collection
・Schroeder-Headz/NEWDAYS
・コンピレーション/ON THE SOFA
・コンピレーション/Smooth Summer
・UTADA/This is The One
・コンピレーション/UDAGAWA CAFE Vol.2 Human Made Version
・bird/極上ハイブリッド

【わくわく】
・ParrisMatch/♭5
・MONDAY満ちる/CO ~Collaborated Works of MM~
・Jazztronik/JTK
・コンピレーション/LONDON LUXUARY LOUNGE
・m-flo/MF-10 ANNIVERSARY BEST
・SAKEROCK/MUDA
・capsule/PLAYER
・YOUNG GUN AKA VEE Feat. Yumin Akita/Shiftin’ ~be yourself~
・MEG/STEP
・FreeTEMPO/TENSE

■披露宴二次会:イベントBGM
【新婦EV】
・加藤ミリヤ「Love is…」

【手品タイム】
・サラサーテ「カルメン」
・Pe’z「嵐を呼ぶ男」

/*/

実はわたくし、来る10/23に地元旧友の披露宴二次会の司会役をば仰せつかっていたりしまして。司会といってもただただ喋ってれば良いというものでなく、実質プランナーでもありまして、上の通り会場BGM探索をば進めている最中です。イベントごとのプランニングなり喋りなりは初めてでは無くて、学部生時代にそれらしいことを何度か経験させて頂いたことはあるんですが、まあ久々過ぎて勘とかあったもんじゃありませんね(笑)
音楽関係は中学生の時分にラジオ小僧をやってたこともありまして、その流れでだいぶiTunesに楽曲が溜まってるので選び放題というか、ありすぎてマイッチング状態というか。iTunesの下のところに楽曲全部再生するとどのくらいかかるかの表示があるんですが、16.2日とか。iPodで再生したらまずもちません、はい。
あとは雇用主の要望が色々あるので選別が難しいところです。ここまで悩んだのは初めてです。大体、アルバムの中に幾つかは別れの曲の類って入ってるものですからね。披露宴でそれは流石にアウツなので一曲一曲選別せにゃなりませんし、それを避けてインストやろうにも元ネタも一応調べておかないと悲恋の曲だったりしてウボァーです。
ただ、やっぱりイベント企画は楽しいですねー。地のところじゃそんなにはっちゃけるタイプでは無いんですが、エンターテイメントのプロダクトやるのは別腹というか。仕切り屋属性あるのも効いてるかもしれません。

さて後一週間、色々やることまだあるんですが間に合うかなあ…(笑)

P.S.
もし上のリストでちょっとマズイんじゃね?というアルバムなりありましたらば教えて頂ければ幸いです。


8&8

 

ちょっとした内省を。

結局自分でやれる範囲を大幅に外れて、八方美人を八面六臂に置き換えちゃってるから無理が祟ってるんですよねっていう、身の程知らず。人間、分を弁えることが最も大事で、そのための和でありチームプレイ。
そういうことをつらつらと考えて反省しきりな最近ではあるんですが、5年ほど遅かったなあと。
元々、子どもの頃から、自分で言って良いことか微妙な範囲ではありますが、親を始め大人からかなり大きな期待を寄せられて育てられてきた背景があって、ただ結局田舎のレベルだと、つまるところお山の大将になっていたわけで。ただそれでも、中途半端に、他人より1倍より大きな能力を持って、責任感とそれに関する習慣と強迫観念を持って、東京に来たのでそれを是正するのもままならず時間だけが過ぎていき。大体のところ、反省する材料としてはこんなところなわけです。
もちろん、その間やってきたことや経験してきたことが無駄だとか、そのために自分がこんなになってる、なんてことを言うつもりは微塵も無くて、むしろ迷惑をかけてきたほうが多いし、建前取り繕ってきたところで結果は追いついて来なかったことも自覚していて、申し訳ないほうが今のところが大きいのですが。

なんていいますか、権力っていうのは恐いなというのは本当に。少なからず相手より上の権力を持った瞬間に付随してくるのは、自由よりも責任のほうがはるかに大きいのではないかと思っています。
今まで“子ども”だったこともあって、“大人”のように金銭的な意味での自由というのは無かったので(それは自分と同じ境遇にある人たちが抱えるちょっとした共通問題とも思っていますが)、あるとすれば言動に関わる優越だけ、という話もあるのですが、不足分は保護者あるいは監督者に頼れば良い話でありまして、その優越は下位に位置する人間が十分動けるようにするための糧にしなくてはならない。それが権力を持つ人間の責任である、と。
“大人”になれば、それが更に広い範囲になっていくわけで、そこで権力にのまれると、自滅を呼びこむ八方美人や部下を思わぬ不遜な権力者になってしまう。
まあ、権力に振り回されると結果良くない事になると、そういうことです。扱うのはけっこう難しい。

さて、自分の話に戻りますと、建前で築き上げてきたあれそれや、やってこなかったなになにの積み上げがここに来て倒れてきていてやや辟易中。踏ん張りどころだとは思うのですが、まあなんつーかこういう時にまともに相談できる相手を作って来なかったこともあるので、誰かに心配されても話しづらい、こちらからも言えぬという“身長伸ばしてる”状態。

もっと楽に生きたいんですけどね、自分がそうしちゃくれないので、なおかつもっと苦しいことなんて世の中にはたくさんあるんですし。愚痴は吐いても、目の前に差し迫った事実はなんともならないので、そこそこ頑張ろうと思います。

P.S.
土曜日からアニメのペルソナ4が放映開始です。実はまだゲームが途中まででなおかつPS2が死んだので未完だったりするんですが(ゆうしゃみつをまでやった)、スゲー楽しみです。目黒さんの音楽も、デザインセンスも最高ですよ。
俺の千枝ちゃん。そして番長メガネ再販しませんかね、けっこう欲しい。里中ジャージと番長メガネとか暴挙いきたいですよ本気で。
あとあれですね、ずっと余裕なくてやれなかったPBCサイト運営、来年から一枠でも行動空いたらペルソナ準拠でやってみたい…うおお(妄想やばい

P.S.2
一区切り付いたら、1月過ぎたあたりでしょうけれど、そこらへんに出るだろうPS3のアーマードコアⅤも相当の楽しみ。
レッツオペレータプレイですよ、お耳の恋人。

 


ba de ya

わぁいくがつだはやいなあ(棒

さて、明日より1ヶ月ほど地元秋田へ戻ります。
0903:ソーシャルメディアサミットin秋田(セリオン)1部2部に参加予定 (台風がなあ
0917:公務員試験1次
という予定で、その後は目いっぱい修論用の調査に充てる予定です。

東京よりは大分涼しくなってるかなあという淡い期待があるんですが、どーでしょうね。温度表示は体感と比べてアテにならないのが東京というかなんというか。海風川風が良い感じだとよいのですが。
とまれ、頑張ってきますよ、と。(ちなみに実家はネット環境が御座いませんので色々悪しからず、スマホはあるヨ)


Photo110823

そこそこ晴れたのでE-PL2の撮影練習にちょっと散歩してきました。



昼間の間に、自宅⇒狛江駅
以下、夕方の多摩川編


BBQヤングがいることいること

接写むずい/HOLGAレンズ(3000円ちょいで高級トイカメラ…っていうコピーもなんかな(笑))

ドラマチックフィルタ、卑怯感あるけどこれは遊べる/ジオラマフィルタ、NeinGrenzeでやったがいいかもしれん

 

感想
・まだズームレンズ使うのは早い気がする
・アートフィルタは封印
・シャッター音気持ち良すぎだろ(ジャキチィ
・HOLGAレンズの難易度がなかなか高そうなので使い倒したい

――――


やっちゃったぜ

 先ほど台所片付けてたら不注意で包丁で指ザックリやっちゃったんだぜ。傷口は止血してエタノールぶっかけ、絆創膏はストックなしなのでそのままに。とりあえず大丈夫だろうか。生ごみ片付けと一緒にやっていたので雑菌がちと心配です。
 最近厄すぎる(食当たりやら風邪やら)ので過敏気味。なんか家に憑いてるんじゃなかろうなあ。

 さて、本題の「やっちゃったぜ」ですが、上のことではあらず。
 えー、買ってしまいました遂に。授業助手のお給料から半分ずつ貯めておよそ6万。オリンパス E-PL2。ミラーレス一眼のデジタルカメラです。
 ここ暫く雨続きなのでちゃんと撮影しにはまだ行けてはいないのですが、室内でちょくちょく遊んでいてもこいつはやばいです。今までトイカメラばかりずっと使っていたせいもあるのか、意味不明なレベルで高機能高性能。まだ使いこなせてるとはとても言えませんが、修行、そして遊びのし甲斐があり過ぎます。
 購入意図は、9月から予定を立てている修論のためのフィールドワークでの使用と遊びで半々…ということにさせてください(笑)
 「その金をエンゲル係数高めるのに使いなさいよ」という声が多方面から聞こえてきそうですが、いやまあこういうのにも使わないと。飯だけじゃ人生楽しくならん男なのです…。

 ともあれ、生活がまた楽しくなってきております。
 (ちなみに写真は研究室にある綾波フィギュア。昨日、エヴァの新劇場版見まして可愛さ8倍増しくらいに見えました。)